とり運営のコミュニティ「web hack」はこちら

【書評】10年後の仕事図鑑|堀江 貴文・落合陽一さん

堀江貴文さん、落合陽一さんに執筆した「10年後の仕事図鑑」を読みました。

今後の生きていく上で参考になることが多かったので、アウトプットとして文字に起こしておきます。

・勉強になった内容
・読んだ内容からどう解釈したか
・今後どのようにしていくか

を自分なりの考えて書いてあるので、よければ読んでください。

10年後の仕事図鑑で学んだ事・考えた事について書いていきます。

個人の価値について

イチローは生まれつきすごくはなかった

イチローは誰にもできないほどの量を継続したから結果を出すことができた。

イチローの名言に「僕は天才ではありません。なぜかというと自分がどうしてヒットを打てるか説明できるから」という言葉がある。

何かを成し遂げるには、努力を継続して、それをしっかり言葉で説明できるのが重要。

労働感のない人が増えた

ツイッターやフェイスブックを見ても、労働感のない人が増えた。

その背景には会社で給料をもらうという方法以外に、個人の価値がお金になるようになったのがある。

自分にしかできない価値を発信することでそれがお金になっていく。

とにかく自分にファンを増やして、それをどうやってお金という価値に転換していくかが重要。

その人しかできない状況を作り出すのが大切

いろんな軸を掛け合わせて進めることでその人しかできないことになる。

いろんな軸の強みがない人はaiが代わりになる事ができる。

そのaiを作ること自体が面倒なので、その人の強みは価値として残る。

​とにかく、自分が唯一無二の価値を持つ存在になるのが大切。

■元リクルート社のフェローの藤原和博氏は100万分の1のレアな人材になろうという話

る分野で100分の1になったら、次は営業ならマーケティング、経理なら財務というように、隣り合う分野にシフトして100分の1を目指す。2つの分野で100分の1の人材は、100分の1×100分の1=1万分の1の希少性を持つ。このかけ算が重要なのだ。

1つの分野で1万分の1の人材になろうとすると、9999人に勝たなければいけない。そのための努力は、とても1万時間では足りない。しかしかけ算を利用するなら、隣り合う分野に再度、1万時間を投入すればいい。そうして1万分の1の人材になれば、ビジネスマンとしての左右の足場ができる。年収400万~500万円は底堅く、すぐに年収1000万円も見えてくるだろう。

40代後半になれば、さらにもう一勝負だ。今度は違う分野で100分の1になり、3分野のかけ算で100万分の1の人材を目指す。100万分の1はオリンピックメダリスト級のレア人材だが、かけ算なら才能は関係ない。普通のビジネスマンだって十分に狙えるはずだ。

▽引用
https://president.jp/articles/-/12057
https://globis.jp/article/5617

  • 100分の1を3つ掛け合わせることで唯一無二の価値「100万分の1の存在」になるのが大切
  • 自分の中の100分の1を洗い出す
  • ある経済圏のなかで自分しかできないという状態になれる

薄っぺらい信用はいらない

しっかり信用できる一定の層がいることが大切。

薄っぺらい信用を重ねても、重要な価値にはならない。

SNSなどでフォロワーを増やしたりするのは大切。

わかってくれる人だけ分かってくれればいいというスタンスが大切。

交換可能な価値を持つことが大切

スキルなどは交換可能な価値になる。

容姿など物理的なものは交換不可なスキル。

好きなことを散々やってスキルにすれば、それが価値となりお金に変えることができる。

交換可能な価値を作ることで、自己資本たっぷりの存在になる。

趣味になる仕事を3つ持つ(232P)

趣味になる仕事を3つ持つとその人の価値は唯一無二のものになる。

例えば、バスケ×サイト制作×料理 3つの趣味が合わされば、バスケで高いパフォーマンスを出すための食事をWEBで公開すれば、バスケットボールチームなどから多分声がかかる。

そして、その料理を作って提供するだけでお金がもらえるようになる。

=趣味がお金になる瞬間

料理とサイト制作だけだと、誰かしらと被るが3つの趣味を掛け合わせれば独自の存在になれる。

■趣味を動画公開し広告収入を得るyoutuber(ユーチューバー)

◆やりたいことを事業化するため、クラウドファンディングで資金を集める事業家

◆自分の得意なスキルをWEB上で売り、やりたい仕事だけを受注するフリーランス

もちろんこれらは、金銭的な報酬を得ることが可能なため、立派な「仕事」です。ただし、金銭的な報酬を得ながらも、限りなく「趣味」に近いことをしています。こういった、「仕事」と「趣味」の中間のようなことが多くなってきているのです。しかも当事者たちは、一般的なサラリーマンの収入を大きく上回るケースも多く見られるようになりました。これらの仕事は、ここ最近で急激に増加し、当たり前になってきています。これは、グローバル化やインターネット化などがもたらした時代の変化と言えるでしょう。

▽引用
https://21sen.com/2017/08/25/21%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AF%E3%80%8C%E8%B6%A3%E5%91%B3%E3%80%8D%E3%82%92%E3%80%8C%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%80%8D%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%80%80%E3%81%9D%E3%81%AE%E7%90%86%E7%94%B1/

人間は意思決定の能力を失った(238P)

工業的なシステムにより、人間は意思決定の能力を失ってきている。

製品などにしても、みんな同じ規格のものを使う。

そのため、みんなが使っているものが当たり前になり、人と違うものには不安を覚えるようになった。

ただ、一般化してしまうと人と同じにしかならないので、平凡な生き方になって成功する可能性は低くなる。

自分でできるだけ情報をキャッチして、一般的な判断ではなく、自分自身で判断できるようになるのが重要。

何をやりたいかという人間のモチベーションは大切

何をやりたいか?それによってどのような経験をしたか?が自分の価値になって行く。

そしてそのモチベーションを価値(行動→経験)に落とし込むには下記7つが大切。

  • 言語化する能力
  • 論理力
  • 思考体力
  • 世界を相手にすること
  • 経済感覚
  • 世界は人間が回している意識
  • 専門性–自分にしかできないこと

現代社会の生き方について

未来の事を考えない

未来は誰にも予測することができない。

そのため、未来の不安を考えることは全く意味がない。

未来の不安を考えて、やりたいことの機会を失う方が怖い。

とにかく、今やりたいことに従順になって生きていくべき。

会社にいてプロダクトを作るのは時間の消費

会社でプロダクトを作ってもその権利は会社のものになってしまう。

雇用されているというくくりにいる以上、会社の価値に転換してしまう。

エジソンなどが会社にいたら、その会社の功績になっているはず。

そのため、会社に雇用されているという概念から外れていくのが重要。

ベーシックインカムという考えが普及する

ベーシックインカムが普及すれば、挑戦する環境が整う。

そのため、色々なプロダクトや挑戦が生まれ、社会はより豊かになっている。

挑戦したい気持ちを持っているができていない人は、失敗する際のリスクを考えてしまう。

■ベーシックインカムとは
いま世界では”すべての個人に、無条件で毎月一定のカネを直接配る”「ベーシックインカム」の導入が検討されている。去年スイスでは、導入の是非を決める国民投票が行われ、フィンランドでは、貧困層向けの社会実験がスタートした。
▽引用
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4053/

中国のアリペイというシステム

中国には使用者の信用度を数値で算出する、アリペイと言うシステムが普及してきている。

ディープランニングで個人の信用度を見極め、信用度が高い人ほどポイントが多くついたり、保険金の免除など色々メリットがある。

オンライン決算に信用度を付与する事で、サービスの価値高めている非常に面白いサービス。

おそらく、日本でも流行る気がしている。

利用者はAlipay(アリペイ)に会員登録し、商用サイトの支払画面からログインするか、モバイルアプリでQRコードを読み込んで支払い手続きをします。2018年1月時点で5億2,000万人以上の本人認証済みアクティブユーザーを抱え、世界中に450以上の金融機関パートナーがいます。日本では、2015年以来インバウンド施策として多くの店舗に導入されており、現在の導入店舗数は4万店に達します。
▽引用
https://www.ipservice.jp/service/china/alipay/

スマートフォンで会計ができる今、現金を持ち歩く必要がない

アップルペイやラインペイを活用して、キャッシュレスにするべき。

現金を持ち歩くのはナンセンス。

硬化はただかさばるだけだし、持ち歩いてることで無くすリスクなどもある。

キャッシュレスにすれば余計なストレスもなくなり、ポイントなどもお得にもらえる。

給料ベースで考える必要はない

大事なのは価値も循環させて、個人の価値を高めること。

給料に依存して生活してしまうと、会社にぶら下がっているような状態になる。

個人の価値を高めるために、お金を借りてしまうのも1つの手段。

お金を借りることで、時間を短縮できるようになる。

いつでもお金を借りれる人は強く、価値も高まっていく。

polcaなどを活用することでお金を集められる

現代はpolcaという、お金を集められる便利なサービスがある。

お金が余っている人は、将来有望な若者などに投資したいと考える。

現状お金がないが、polcaなどのサービスを通して集めることが可能。

お金持ちからしたら、お金で信用を買えるし、ない人からしたら信用でお金を調達できる。

■polcaとは
『polca(ポルカ)』はクラウドファンディングのプラットフォームを提供している株式会社キャンプファイヤーがリリースした、資金調達ができるアプリです。

今までの資金調達と異なる点は、身近な友達同士で、気軽にはじめることができること。
この特徴から「フレンド(友達)ファンディング(資金調達)」と呼ばれています。

▽引用
https://hinemoto1231.com/application/polca

exileが所属するldhという会社のスクールビジネスが面白い

exileが所属するldh という会社が子供向けにダンススクールを開講している。

そこに通えばエグザイルグループとしてデビューできるかもしれないとする。

エグザイルというブランドを親も知っているので、そこに希望を見出して子供を入れる。

スターになれるかも!という未来を見れるので親はどんどん投資する。

ブランド力があれば、そのコンテキストに影響されて人間は行動する。

■XPG STUDIOとは、アーティストを目指したい方、ダンス、ボーカル、演技含め、全ての表現者=エンタテイナーを育成していく本格的なスクールです。

夢を追い続けてきたEXILEが、子どもたちに夢を叶える場所を提供したいという想いのもと2003年に東京校を開校し、現在では国内12校、海外2校の全14校を展開しています。
▽引用
https://www.ldh.co.jp/school/

3Dプリンタで3Dプリンタが作れるようになる

3Dプリンタという機械が3Dプリンタを生み出せるようになった。

つまり、人間が介入する必要はなくなり、ロボットがロボットを作れるようになる。

その瞬間人間の必要性がなくなり、24時間生産できるので世界の生産性は一気に向上する。

作業しかできない人間は将来的に不要になるのは安易に想像できる。

■Discovery scienceが運営するYouTubeチャンネル、Science Channelが興味深い動画をアップしていました。それは、3Dプリンタのパーツを3Dプリンタが作るという光景。
まず、3Dプリンタ自体を3Dプリンタで製作可能、かつ交換もできるパーツで構成させます。そして、その本体の3Dプリンタのパーツが故障や摩耗した場合、みずからの力で作ったパーツと交換する、というわけです。
▽引用
https://www.gizmodo.jp/2015/05/3d3d_8.html

副業と本業という考え方はナンセンス

本当にやりたい仕事で人生を満たすのが大切。

つまり、本業と副業を分けて考える必要がない。

好きなことを本業にして、会社以外でもそのことをして稼ぐのはハイセンス。

自分のなすべきことを貫けば必ず仕事になる。

自分にとってピュアな情熱と社会的な使命感を見つけて生きて行くのが大切。

専門バカの代わりになるひとはいない

1つの事に熱中して突き抜けた専門性を身につけたら必ず価値になる。

https://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/archive/” rel=”noopener” target=”_blank”>マツコの知らない世界に登場するゲストなどはとても良い例。

自分の好きな事にハマって、代わりになる人がいない状態を作り価値にするのが重要。

できるだけ多くの情報に触れる

どうゆう風に生きて行けばいいか?誰にでも不安な気持ちはある。

その不安な気持ちが生まれるのは、『情報に触れていないから=知らないと』いうことが原因の場合が多い。

また、情報を仕入れたら自分の頭で思考する癖をつけるとより良い。

自分で情報に触れて判断すれば、周り(情報を知らない人)の声など気にせず決断できるようになる。

やりたいことをやって成功する人はリスクを考えない

小利口な人をリスクを考えて行動することができないから成功しない。

そもそも、リスクを取らないこと(行動しないこと)自体、最大のリスク。

自分の「これが好きだ、これがしたい」という感覚を信じそれに従って下した判断を大切に生きる。

会社で働いていて「やりたいことができていない」人は自分のいまやりたいことを会社に提案し環境を変える行動をしてみるのが良い。

リスクなど考えず、今やりたいことをやって生きて行く方が何倍も素晴らしい人生になる。

aiが発達する事で人間の時間ができる

aiが発達捨と人間の仕事はどんどんなくなっていく。

今はaiは目と耳しか持っていないが、手を持つようになると人間のしごは本当になくなる。

そのため、人間はその時間をどうやって使うかが大切になる。

リコメンド機能は人の時間を増やすから需要がある

AIが発達しAmazonなどのショッピングなどのリコメンド機能がどんどん便利になっている。

人間はもともと何かを選択するのにパワーを使う。

そのため、その人に合ったリコメンドサービスはとても需要がある。

AIの発達に比例して、人間は選択するという行為をしなくなってくる。

IBMの初代社長トーマスjワトソンの言葉

▽個人的な意訳
自分の中で持論を持って行動を起こすことが大切。

周りの目を気にして何もしないよりも、自分が正しいと思ったことを行動に起こすことが大切。

その行動こそが自分の人生をよりよくする価値観になる。

商売が成功する基本的な秘訣は1つだけ

商売が成功秘訣は、成功するまでやりつづけること。

100回やれば大体は成功する。

未来のこと(リスク)を考えてやめる必要はない。

今本当にやりたいことを全力でやるのが全て。

個人的なまとめ

  • 好きなことに没頭して、仕事になるまで遊び尽くすのが大切
  • 好きなことや得意なことを3つ掛け合わせて100×100×100=1/100万の存在になる
  • リスク(将来)を考えて行動しない方がリスク
  • 会社の給料にブラ下がって生きる、古い考え方は捨てた方が良い
  • できるだけ多くの情報に触れて、自分自身で判断できるようにするのが重要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です